子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供の視力回復トレーニングのコツとは?

子供の視力回復トレーニングのコツとは?

子供の視力回復トレーニングには、どのようなものがあるでしょうか?

子供の視力回復トレーニングの基本は、外で遊ばせることだと思います。野球やサッカーなどの習い事をさせてもいいですし、とにかく広いフィールドを駆け回らせることです。

子供にとって、もっとも大切なまた、もっとも正しい目の使い方は、遠くを見ることであり、遠くと近くの視点の切り替え、広い視野をもった見方です。これらは、屋外で元気よく遊ぶことで自然と培われるものです。

外を走り回っていれば、周りの風景が速く流れていきますから、動体視力も発達します。ボールを使った球技でも同様の効果があります。

また遠くや近くを交互に見たりすることは、立体感・遠近感の発達に不可欠です。

しかし、別の選択肢もあります。
視力回復センターに通ったり、インターネット上で視力回復の通信指導を受ける方法です。

子供の視力回復トレーニングとしては、遠くの見づらい一点を凝視して、見ようと努力する訓練があります。これによって水晶体を薄くして、遠くを見れるようにするのです。

あるいは遠くと近くを交互に見る訓練は、遠近体操法といわれます。こうすることによって、こり固まった毛様体筋をほぐす効果が期待できます。

目をあちこちに動かすという、子供の視力回復トレーニングもあります。外眼筋がこり固まると、眼球を締め付けて固定してしまい、眼球の変形の元になります。

そこで目のまわりの外眼筋を運動させて鍛えることによって、眼球のゆがみを治そうというわけです。

このように一口に子供の視力回復トレーニングといっても、さまざまな観点からのアプローチがあります。こういった訓練法を熟知しているのが、視力回復センターを開業しているプロのインストラクターです。

子供の近視は、悩んでいるあいだにも、どんどんと進行していきます。子供の視力低下のスピードは大人の3倍以上。思い立ったら、いますぐに、行動を起こすことをおすすめします。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧