子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供の視力低下の原因とは?

子供の視力低下の原因とは?

子供の視力低下の原因は、どこにあるのでしょうか?

子供がもし、遠くを見るような生活をしているのなら、ほとんどの子供の目はよくなることは想像できるでしょう。

子供の視力低下の原因は、その生活環境にあります。
だれでも推測がつくように、近くを長時間見るという生活習慣が子供の視力低下の要因なのです。

しかし私は、勉強や読書がこどもの視力低下の原因だとは思いません。勉強や読書は、基本的に紙面であり、静止しているものです。そのため、まばたきを忘れるほど目を酷使することはないのです。

いっぽうゲーム機に熱中することは、似て非なるものです。
同じ近くを見ているといっても、ゲーム機は注意力の度合いが違います。とくに戦闘もののゲームの場合は、目の酷使は甚だしいでしょう。まばたきができないからです。

子供の視力低下の原因は、まばたきの不足にあるといっても言い過ぎではないでしょう。まばたきが少なくなると、目の表面が乾いてきます。そうなると角膜に十分な酸素が供給されなくなります。

角膜は大気中から、涙を介して酸素を受け取っているのです。

角膜が酸素不足になると、目の表面が乾いてきて、目の表面の角膜に傷がついたりします。目が悲鳴をあげているわけですね。

この状態は、目の危機的状況です。
そうなると、遠近調節をしている毛様体筋も緊張を起こしかねません。外眼筋も緊張して、視線が固定しがちになります。

このように、子供の視力低下の原因には、まばたきの不足と過度に近くを見続けるという2点が挙げられます。

反対のことを考えるとわかりやすいでしょう。
目がリラックスして、涙でうるおい、闊達に動く目が悪くなるとは思えません。

近くを長時間見続けていると、遠近調節を行なっている毛様体筋が緊張するだけでなく、眼球の運動不足から、外眼筋も緊張するのです。

子供の視力低下のスピードは大人の3倍以上といわれています。半年もすると、子供の視力低下はあっという間です。これを阻止するには、仮性近視の段階で近眼を早期発見し、迅速に対処することがポイントになります。

視力回復の専門家なら、こどもの目のことは心得ているので、もっとも適した方法、視力回復訓練のメニューを与えてくれます。わからないことは、相談できるので、そういった身近な人とつながっておくことが大切です。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧