子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 小児の近視〜幼児はもともと遠視

小児の近視〜幼児はもともと遠視

小児の近視について考えてみましょう。

小児のころに近視になるということは、生まれつきの遺伝が強い悪性近視が考えられます。または病的近視といったりします。

ふつう幼児は、遠視の状態が基本です。
眼球がみじかく遠視の眼球をしていますが、同時に目の屈折力が強く、バランスがとれて、ものを見ることができています。

それが子供の成長とともに眼球が伸びて、近視化の方向をたどっていくのです。

しかし小児の近視であっても、たとえば小学校1年生のときの視力検査・健康診断で視力1.0以上あれば、悪性近視ではありません。悪性近視というのは、一度も目がよかった時期がなく、最初から近視だったケースをいうのです。

もしかつて子供の視力がよかった場合は、悪性近視や病的近視ではないので、ご安心ください。

小児の近視と一口にいっても、最近は幼稚園児の時代から近視が進行していると聞きます。ふつうは小学校入学前の子供の目は、遠視の状態にあるものですが、すでに近視になっているのです。

これは由々しき事態ですね。
おそらくはゲーム機の普及によって、近くを見る時間が増えてきたことが原因であると考えられます。

幼児の近視は、悪性近視ではないかぎり、視力回復しやすいといえます。なぜならまだ仮性近視であり、屈折性近視であるからです。眼球がのびる強度の近視(軸性近視)ではないため、目の形が元に戻りやすいのです。

小児の近視は、目の毛様体筋という筋肉のコリにおもな原因があります。そのため遠くを見たり近くを見たりして、毛様体筋をほぐしてあげれば、視力回復していくものなのです。

でも素人では、どうやって目の筋肉をほぐせばいいかわかりませんよね。そこで視力回復の専門家がいます。視力回復センターを開業しているプロのインストラクターは、小児の近視の例を数多く見てきています。

そのため、あなたのお子さんの現状も、どうすれば視力回復していくかもアドバイスしてくれることでしょう。まずは、一人で悩まず、視力回復の専門家の意見を求め、力を借りることが大切です。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧