子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 近視の小学生〜近くを見る環境が原因

近視の小学生〜近くを見る環境が原因

近視の小学生が増えています。

一昔前は、眼鏡をかけている小学生は、それほどいませんでした。しかし、今ではメガネをかけている近視の小学生がちらほら見られます。

近視の小学生が増えてきている原因は、いったいなんでしょうか?いろいろな原因があるでしょう。だれもが真っ先に思い浮かぶ近視の原因としては、近くの見すぎが挙げられます。

もちろん誤解しないでほしいのは、勉強や読書がいけない、ということでは決してないということです。子供にとって小学校の勉強は義務教育ですし、立派な大人になるために必要なものです。

ただ問題は、必要な勉強以外にも、近くを見る環境になってきているということです。たとえばゲーム機への熱中。近くでゲームの画面を長時間見ていれば、それは目が疲れるでしょう。

ゲームをしているときというのは、目を離せないため、必然的にまばたきが少なくなります。そうなると、あらゆる目の不具合が発生してくるのです。まばたきをしないと、目の表面が乾いて負担になるだけではなく、目が緊張をおこします。

そのほかパソコンや携帯のメールなどもあるでしょう。
こう見てくると、現在普及しているものは、そのほとんどが近くを長時間見続けるものです。ほどほどにしなければなりません。

近視の小学生を減らす対策としては、どのようなことが考えられるでしょうか?まずは、勉強は現在の量を維持するとして、ゲーム機で遊ぶ時間を何分と決めて、減らすことでしょう。

さらにスポーツの習い事をするのでもいいでしょうね。
野球やサッカーなどをすれば、しぜんと遠くを見ますし、視野も広くなるものです。遠くを見て、視野を広くとる見方は、人間にとって自然な目の使い方なのです。

それと同時に、現在すでに近視の小学生である場合は、効果的な視力回復トレーニングを取り入れることです。毎日、短時間でも訓練を習慣づければ、子供の近視・近眼はかならず、よくなっていきます。

子供の視力低下のスピードは、大人の3倍以上といわれますが、裏返せば視力回復のスピードも大人の3倍以上といえるのです。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧