子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供の近視〜視力の低下は急激に進行

子供の近視〜視力の低下は急激に進行

子供の近視は、はじめは仮性近視からはじまります。

仮性近視とは、偽近視ともいって、厳密にいうと近視ではありません。子供の近視の一歩手前の症状ということです。

仮性近視は、目のなかの遠近調節をしている毛様体筋が緊張している状態。肩こりのように一時的にこり固まっているだけですから、すぐにほぐすことができます。

ほぐせるにもかかわらず、すぐに近視用眼鏡をすすめる眼科医がいるとしたら、それは納得できないですよね。

ですから眼病は目医者にまかせるべきですが、近視にかんしては自分の判断で決めたほうがいいかもしれません。民間療法のほうが、頼りになるものです。

さて子供の近視は、進行のスピードは大人の3倍以上といわれています。視力の低下はあっという間です。

子供の目はもともと遠視であり、成長とともに眼軸が伸びて近視化の過程をたどります。もちろん生まれつき近視の遺伝をもつ「病的近視(悪性近視)」の場合はべつです。

悪性近視の場合は、幼少時から遠視の兆候は見られず、近視が早い段階からはじまります。

でもたいていの子供は、もともと視力1.5とか視力2.0だったのが、だんだん悪化して視力低下していくものです。このタイプの近視が、子供の近視の大半をしめ、悪性近視にたいして単純近視といいます。学校に通いだしてから視力低下していくので、学校近視ともいいます。

子供の近視は仮性近視からはじまりますが、安閑とはしていられません。仮性近視を過ぎると、本物の近視、つまり真性近視に移行していきます。しかもあっという間です。気をつけなければいけません。

もう一度、思い出してもらいたいのは、子供の近視の進行スピードは大人の3倍以上ということです。それは子供の目も脳も体も、成長過程にあり、視力自体も発達途上にあるからです。

いまやパソコンやゲーム機の普及、塾通いなど、近くを見る環境が増えています。そのため子供の近視人口が増え、深刻な社会問題となっています。

しかし、子供が近視になったからといって、あきらめることはありません。逆説的かもしれませんが、子供の視力低下のスピードが大人の3倍以上ということは、子供の視力回復のスピードも、大人よりも圧倒的に速いということです。

子供の近視への対策は、効果的な視力回復トレーニングを、いますぐ実行することです。このままほうっておくと、さらに子供の近視は進行していくことになります。早急に対処することが大切ですね。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧