子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供の近視回復〜治りやすいので大丈夫

子供の近視回復〜治りやすいので大丈夫

子供の近視回復は、楽観視できます。

なぜなら子供の体の組織というものは、まだ柔軟性があり、固定されていないからです。まだ成長期にあるので、子供はどのようにでも、よく変わっていけるのです。これは性格などでもそうです。

また子供の近視といっても、近視になってからまだそれほど年数が経っていません。これも子供の近視回復が期待できる理由です。

大人では、こうはいかないでしょう。
大人は、年齢を経るほど、近視歴10年とか近視歴20年とか、ざらですよね。こどもの場合は、そんなことありえないわけです。

近視というのは、なってからの時間が少ないほど、視力回復しやすいものです。厳密に言うと、目の形がまだ固定されていないからです。

そのほか子供の近視回復が楽観視できる理由は、年数とも関連しますが、子供の近視のほとんどは、仮性近視か屈折性近視であるということです。

これはまだ眼球が変形しておらず、せいぜい角膜が少し出る程度です。屈折性近視は視力改善しやすいのです。

これが眼球(眼軸)が伸びる「軸性近視」になると、視力回復は容易なことではありません。それこそ本当に視力回復するためには、レーザー照射によるレーシック手術をうけなければ、視力回復は困難になります。

以上のように、子供の近視回復の見込みは楽観視できるものがあります。近視を治療するとすれば、子供のうちが大切です。そのもっとも有力なものが、視力回復トレーニングでしょう。

なぜなら多くの近視の子供を見てきて、実際に子供の近視を回復に導いてきたという実績があるからです。視力回復センターにかよったり、インターネットでマニュアルを購入して、指導をうけるなどして、さっそく行動を起こすことが大切だと思います。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧