子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供と視力検査〜健康診断の判定

子供と視力検査〜健康診断の判定

子供と視力検査は、切っても切り離せません。

なぜなら新学期の学校での視力検査は、現在の子供の視力を知るための重要な指標であるからです。

小学校に入学するころは、たいていの子供は視力1.5はあるでしょう。しかし勉強をしだすと、近くを見ることが増えるとともに、精神的なストレスも加わり、どうしても視力低下の要因が増えてきます。

いままでは幼稚園といっても勉強しなくてもいいですし、ストレスもそれほどではなかったわけです。

しかし小学校入学は、子供にとって一大イベントです。
真新しい教科書をはじめて見た光景は、お母さん方でもおぼえているでしょう。ご自分がかつでどのように感じていたかを置きかえて考えると、子供の気持ちがわかるものです。

小学校に入学すると、まず視力検査や身体検査があります。このときは、たいていの子供は目がよく、視力2.0や視力1.5でしょう。ただし、最近は幼稚園児であっても近視が始まっているといいます。悪性近視ではなく、普通の単純近視の範囲においてです。

さて子供は視力検査で近視が発覚するのは、小学校1年生をすぎ、2年生あたりからでしょうか?学年が上がっていくにつれて、目が悪くなる人と、目がいい子との差が大きくなっていきます。

視力検査のとき、いろいろな判定基準があります。A判定、B判定、C判定、D判定、E判定、F判定などがあるようですね。私のころは、このような言い方はしなかったのですが、今は、このように呼ぶようですね。

学校の視力検査、検診で、視力0.9といわれたとします。
ここで安閑としていてはいけません。なぜなら子供の視力低下のスピードは、大人の3倍以上であるからです。半年後には視力0,3ということもありえます。

ましてや1年後には、視力0.1になっていることもあるんです。
最近はお受験ブームといいますか、中学受験を目指す子供も増えています。とうぜん近くを見て、目を酷使する環境におかれるわけです。

そうなると子供の視力低下は、ますます加速していきます。
テレビで塾で勉強している映像が放映されることがたまにありますが、小学生であるにもかかわらず、眼鏡をかけて机に向かっている子供が多いような気がします。

子供にとって視力検査は、視力の現状を知るための重要な指標ではありますが、視力検査同士の間隔がはなれすぎているために、あまり機能していないといわざるをえません。

そこで提案したいことは、視力検査表を購入してきて、自宅に設置するということです。設置というとおおげさですが、紙を壁に貼ればいいんです。

そうしてつねに視力検査を自宅で行なう習慣をつければ、子供の視力低下の歯止めをかけることができます。また親子のコミュニケーションにもなって、一石二鳥ですよ。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧