子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供の視力と眼科〜目薬や電気治療

子供の視力と眼科〜目薬や電気治療

子供の視力と眼科について解説します。

まず子供の視力が低下して、眼科医にかかると、すぐに眼鏡をすすめられます。子供にコンタクトレンズやレーシック手術をいきなりすすめる眼科専門医はいないと思いますが、眼鏡の装用はまっさきにすすめてくるのです。

それは眼科医は、研修の教科書で、近視は治らないものであり、かつ目の病気ではないと教わるからです。そのため近視や遠視、乱視といった屈折異常を眼病ととらえないのです。

眼科医にとっては、矯正視力が問題になります。
眼鏡やコンタクトレンズによって視力が回復すれば、それは正常な視力なのです。

たとえば眼病になるとメガネをかけても、視力がでません。弱視になると、メガネをかけても視力がでません。こういった症状を、眼科医は異常とみなすわけです。生活が実際に困難だからです。

強度の近視といっても、眼鏡をかければ何不自由なく、生活でいるわけですね。

さて子供の視力が悪く、近眼である場合、眼科に行くと仮性近視の場合、目薬を処方されることがあります。ミドリンやサンドールといったものです。これらは散瞳薬といわれるもので、瞳孔を開く目薬です。これによって、一時的に緊張した毛様体筋を弛緩、リラックスさせて、近視を改善しようというわけです。

しかし現実には、このミドリンやサンドールでは、仮性近視でさえもよくなることは、まれなようです。あまり目薬に期待しないほうがいいですね。

眼科専門医にも良心的な医師がいて、子供の視力を治そうと努力してくれる人もいます。独自の視力回復トレーニングを患者さんに指導していたりするのです。ただしこういった目医者はまれなので、「安心」とか「すこやか」とか健康雑誌での特集を見逃さないことがたいせつです。こういったところに寄稿していることが、よくあるからです。

そのほか先進的な考えを持った眼科医は、眼科の通電療法を実施していることがあります。これは目に微弱な電流・電気を流して、子供の視力を回復させようという眼科治療です。

このように子供の視力を眼科にたよって、治すというのは、なかなかむずかしいものがあります。先進的な考えを持った眼科医がすくないからです。しかし運よく、そういった目医者にめぐり合えた場合は、そのチャンスを逃さないことが大切ですね。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧