子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供の視力とメガネ〜近視や遠視の矯正

子供の視力とメガネ〜近視や遠視の矯正

子供の視力とメガネは、今や切っても切り離せないようです。由々しき事態ですね。

小学生の子供が視力矯正のためにメガネをかけている姿を見ると、ああかわいそうだなと思います。しかし、なかには遠視を矯正するために、遠視性弱視の治療として、メガネをかけている子供もいるので、そういう子供にとっては、メガネは絶対に必要ですが・・・。

しかし近視を矯正するためにメガネをかけている子供を見ると、かわいそうだなと思うのです。私も小学校2年あたりから視力が低下してきましたが、メガネを掛けだしたのは、中学校に入ってからです。小学校時代はどんなに目が悪くても、メガネの必要性は感じなかったものです。黒板の文字は、とうぜん見づらいですが、座席を前に交代してもらうなどして、なんとかしのいでいました。

ところが、現在の学校では、目の悪い近視の子供が多くて、前のほうの席は、奪い合いだそうですね。この事実だけでも、いかに近視の子供が増えてきているかがわかるというものです。

さて子供の視力が悪くても、メガネはできるだけ掛けないほうがいいでしょう。黒板を見るときとか、遠くを見るときだけに限定したほうがいいでしょう。

手もとを裸眼で見ることができるのに、メガネをかけて見ていると、視力低下は急激に進んでいきます。子供の視力低下のスピードは大人の3倍以上といわれているのです。

子供の視力をよくするためにメガネをかける場合、壊さないように気をつける必要があります。なにぶん子供のこと、踏んでしまいかねません。そうなるとメガネ代もかかります。またはボールをぶつけて壊すこともあるかもしれません。

これに関連して、子供のメガネの耳に掛ける部分が巻きつくタイプ(縄手)の場合は要注意です。確かに縄手だと、スポーツ時でもメガネがずり落ちないというメリットがありますが、もしボールがメガネにあたったとき、メガネが飛ばないため、目の周囲の骨に衝撃がつたわってしまい、視神経を傷つけて、視力低下を引きおこすことがあります。

子供の視力とメガネについて解説してきましたが、昔だったら、小学校時代にメガネをかけることは、私はイヤでした。でも今は、みんな子供は眼鏡をかけているので、昔ほど、抵抗はないかもしれませんね。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧