子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供の遠視〜弱視の危険性

子供の遠視〜弱視の危険性

子供の遠視は要注意です。

ある意味、子供の近視よりも深刻といえるかもしれません。それは子供の遠視は、弱視や斜視と隣り合わせだからです。

まず遠視とは、遠くがよく見える目ではありません。
多くの人はここを勘違いしています。遠視とは遠くも見えず、近くも見えず、どこも明瞭に見ることができない目なのです。

まれに遠視の子供で遠くが見える場合があるのは、目が無意識に調節をして焦点を網膜上に引き戻しているのです。そのかわり異常な目の疲れという代償があるのです。

幼児期の遠視は、深刻なものです。
子供の遠視には、両目が同程度遠視の場合と、片目のほうが遠視の度合いが強い不同視(がちゃ目)の2タイプがあります。

どちらが深刻かというと、がちゃ目のほうの遠視です。
なぜなら両目が遠視だと、両目にぼやけていても、ある程度の映像が入ってきます。

ところが不同視になると、いいほうの目だけしか使われず、遠視が強いほうの目は全く使わなくなるからです。子供の目は発達途上にありますから、こういう使い方をしていると、弱視になるのです。

さて、両目が遠視の場合は、片目が遠視の場合よりも楽観できます。片目の場合は、3歳から5歳までに対処しないと、弱視が改善しなくなります。

しかし両目が遠視の子供は、10歳までなら弱視を治すことができます。子供の遠視性弱視の治療法は、遠視用眼鏡を着用させることにつきます。これによって、こどもにはっきりとした映像を見せるわけです。

こうすることにより、ものを見る力が発達していって、子供の遠視が治り、弱視が完治するわけです。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧