子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

サイトトップ > 子供とコンタクト〜ケアが大変

子供とコンタクト〜ケアが大変

子供とコンタクトレンズの関係について考えてみましょう。

子供にコンタクトが必要かというと、これはケースバイケースでしょう。子供のうちは、なるべく近視用メガネが好ましいですが、よっぽど目が悪い場合、メガネでは像がゆがんで見えづらいことがありあます。

こういう場合は、子供でもコンタクトをするのは、ありだと思います。

しかし、そういった特殊なケースをのぞいては、子供にコンタクトを装用させるのは反対です。

コンタクトレンズの装用は、ケアが必要です。
着脱のときに、慎重さも必要です。コンタクトの付け外しのとき、目の角膜を傷つけないように、慎重に扱えるものでしょうか?

大人なら、そのへん心得ているので、慎重にコンタクトレンズの付け外しができます。しかし子供は、元気に飛び回っている年代です。

また目のしくみをよく理解できていないため、汚い手でレンズを付け外ししようとするかもしれません。そういう習慣がつくと、角膜の微小な傷から細菌が感染する危険がでてきます。

そういった意味では、どうしても子供がコンタクトをするというのなら、1日使い捨てコンタクトレンズがいいかもしれませんね。

コンタクトレンズを目に装用すると、大切な角膜内皮細胞が減少する可能性があります。角膜内皮細胞は、角膜の酸素不足で引きおこされ、一度死滅すると二度と再生されません。

加齢とともに、なにもしなくても減少していくものですが、コンタクトで角膜の表面をおおっていると角膜から酸素を取り込む量がすくなくなり、角膜内皮細胞が酸素不足から減少しがちなのです。

結局、コンタクトレンズを慎重にあつかうことが難しい子供がコンタクトをするのは、やめておいたほうがいいのではないでしょうか?

それよりも現在、子供が近視であるなら、とりあえず必要なときだけメガネの力を借りて、できるだけ視力回復トレーニングによって、視力を改善していく努力が大切だと思います。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのポイント一覧