子供の視力回復・応援隊

子供の視力を回復させる方法を解説するサイトです。学校の視力検査で近視が分かったら、すぐに対処しましょう。

子供の視力回復の秘訣は早期発見!

子供の視力回復を応援するサイトへ、ようこそ!

子供の視力は未発達であり、発展途上にあります。
こどもの体が成長期にあるように、子供の目も脳も、まだまだ未完成なのです。

この時期には、なにかのきっかけによって、急激に視力が低下していきます。子供の視力低下の速さは、大人の3倍以上といわれています。

しかしまだ視力の発達途上にあるために、視力の回復のスピードも、また速いのも事実です。ですから、もし現在近視になっていたとしても、それほど悲観することはありません。

これが大人になると、眼球の形も脳も固まってしまいますから、視力を改善することは大変になります。

子供の視力低下で気をつけなければならないのは、幼児期の斜視と弱視です。前述したように子供の目と脳は発展途上にありますから、この発達が阻害されてしまうと、視力の発達が止まってしまうのです。

幼児の斜視や弱視は3歳から5歳までに治しましょう。ただし遠視性の弱視の場合は、10歳までに発見して、遠視用の眼鏡を掛ける事で、子供の視力は回復していきます。

子供の視力はたいてい学校の健康診断や視力検診で発覚します。多少の見づらさがあっても、子供にとっては、たいして変わらないからです。

しかし前述したように、こどもの視力低下のスピードは大人の3倍以上。視力1.0が半年後に視力0.1になることだってあるんです。

これを防止するためには、現在の子供の視力がどのくらいかを、つねに把握して確認する習慣が不可欠です。そこで視力検査表を購入して、つねに視力を測定できる環境を作ることをおすすめします。

それと同時に、目を視力低下から防止するための、ちょっとした視力回復のトレーニングを毎日実行していくことが大切です。

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」





視力の治療法ならこちら 目を良くするコツ 視力回復法 近視の予防 子供の近視を治す方法 強度近視と失明 子供の目の健康特集

子供の視力を回復させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力回復のためのコンテンツ